ジャーナリズムの道徳的ジレンマ 連載・読み物

ジャーナリズムの道徳的ジレンマ
〈CASE06〉組織ジャーナリストに「表現の自由」はあるか

8月 09日, 2016 畑仲哲雄

 
だれもが意見を表明しやすくなったSNS時代、組織に所属すれば職種を問わずつきまとう問題かもしれません。生活の基盤でもある所属組織。勝手に代表もできない。でも、個々人の意見もその人自身の存在にかかわります。ましてジャーナリストならば……?[編集部]
 
 
 報道をめぐるジレンマに直面したとき、なにを考え、なにを優先するのか? あなたならどうするだろう。

1:: 思考実験

記者会見の冒頭、市長がいきなり、わが社の新聞を広げ、例のコラムに人差し指を突き立てて言い放った。
「この差別コラムに、断固抗議します」
 市長は眉間に縦皺を寄せ、わたしを睨んだ。唇が怒りに震えている。無理もない。さすがに今朝のコラムのタイトルは常軌を逸していた。人権感覚の欠片もない。ジャーナリズム史上、類を見ないタイトルだ。

〝市長のDNAに卑しい血統〟

 なんという役回りだろう。わたしは、あのコラムを掲載した新聞社の社員記者として、この記者会見場に来なければならない身の上を呪った。正直、今回の一件は、社員として恥ずかしい。会見が済んだら、会社で社長を突き上げるつもりだし、コラムを書いた外部筆者をぶん殴ってやりたい。
「政策論争なら受けて立ちますよ。わたしの政策が間違っているのなら、具体的に指摘してほしい。けど、わたしの先祖をさかのぼって、怪しい人物がいたとか、血のつながりがどうだとか……。血統やら出自で人間性を全面否定するのは、ナチズムと同じ危険な考え方だよ。これが言論の自由として許されるのか。これがジャーナリズムなのか」
 いたたまれなかった。100%、わが新聞社の側に非があるのは明白だ。
「そこの君。わたしは君の意見を聞きたい」市長はわたしを指さした。「これはだれが見ても、新聞という公器を使ったヘイトスピーチだ。そう思わないか」
 わたしは市長から目をそらさず、つとめて平静を装っていたが、渡されたマイクを受け取るとき、指の震えを止められなかった。
「あのぅ、わたしは取材記者で、社を代表する立場ではありませんし」カメラのシャッター音が響く。フラッシュの光で目がくらみそうだ。
「そのコラムを書いたのは、そもそも外部の……」そう、外部の辛口コラムニストで、社長が独断で依頼して書いてもらっているので、編集局の記者たちは迷惑に思っている。「つまり、契約コラムニストなので、わたしたち記者はノータッチで……」
「待ちなさい」市長はわたしの言葉を遮る。「それは内輪の論理で、世間じゃ通用しない!」
「そうはいっても、現場の記者は会社を代表するスポークスマンじゃないですから」
「じゃあ、社を代表しなくても構いませんよ。あなた個人の意見はどうなんですか。ひとりの言論人としての見解を聞きたい。言論人が大げさだったら、ひとりの市民、生活者として、この差別記事についての意見をお聞かせ願いたい。さあ、どうぞ」
 会見場のすべての視線が、わたしに集まっているのがわかった。あす、ライバル紙の紙面で、わたしの醜態は晒されるのだろうか。市長にやりこめられた憐れなサラリーマン記者? 反論ひとつできない能なし社員ジャーナリスト? むろん、わたしにも言いたいことはある。だが……。
「ほら、何とか言ってみなさい。言論の自由を守るジャーナリストが、言論の自由を新聞社から制限されているわけでもないでしょう。あなたは自分の意見も自由に、満足に言えないのですか。あなたには人としての誇りがないのですか。それでも記者ですか」市長は勝ち誇ったような目で見おろす。
 全身から汗が噴き出た。マイクを持つ手がぬめり、頭の芯が痺れる。
 逃げ出したい。だが、逃げ場はない。逃げちゃいけない。わたしは心の中で自分に命じた。いま為すべきことだけを為せ。

    [A]記者会見の席で市長は、わが社を罵倒し、記者であるわたしを詰問した。その事実を読者に伝えるのがわたしの仕事だ。わたしにも良心があるし、言いたいこともある。だが、ここは観察者に徹するべきだ。
    [B]市長からみればわが社は差別事件の「加害者」で、わたしはその社員のひとり。周囲の記者とは異なる立場にいる。もはや取材者という言い訳は通らない。ならば市民のひとりとして差別問題と向き合おう。

 

2:: 異論対論

抜き差しならないジレンマの構造をあぶり出し、問題をより深く考えるために、対立する考え方を正面からぶつけあってみる。
 
[意見を言わない立場] 取材記者の使命は、「事実」をありのまま市民社会に伝えること。市長の問いに答えてはいけない。ジャーナリストで意見を書けるのはコラムニストや論説記者など限られた者だけ。それくらい市長だってわかっているはずなのに、執拗にわたしを問いただすのは、この一件を政治利用しようとしているからだ。市長がコラムに激怒し、記者を難詰した事実だけを、淡々と書け。それで取材記者としての責務を果たせる。それ以外のことはするな。
 

[意見を言う場] あのコラムで、わが社はジャーナリズムを名乗る資格を失った。あんな差別記事を黙認すれば、わたしも記者失格。だが、これはチャンスでもある。新聞社の中にもいろんな意見があるということを示せる。あの記事は市民社会では容認されるものではない。新聞社は、市長にも、市民社会に対しても、謝罪して、説明責任をはたすべき。わたしが意見を述べることで、新聞社も、わたしもジャーナリズムの世界に復帰する資格が得られる。
 ↓ ↓ ↓
つづきは、単行本『ジャーナリズムの道徳的ジレンマ』でごらんください。

 
取材先でセクハラに遭ったら?
被害者が匿名報道を望んだら?
取材で“ギャラ”を求められたら?
被災地に記者が殺到してきたら?
原発事故で記者は逃げていい?
 etc.
 
正解はひとつではない。でも、今、どうする?
現場経験も豊富な著者が20のケースを取り上げ、報道倫理を実例にもとづいて具体的に考える、新しいケースブック! 避難訓練していなければ緊急時に避難できない。思考訓練していなければ、一瞬の判断を求められる取材現場で向きあうジレンマで思考停止してしまう。連載未収録のケースも追加し、2018年8月末刊行。


【ネット書店で見る】

 
 

畑仲哲雄 著 『ジャーナリズムの道徳的ジレンマ』
A5判並製・256頁 本体価格2300円(税込2484円)
ISBN:978-4-326-60307-7 →[書誌情報]
【内容紹介】 ニュース報道やメディアに対する批判や不満は高まる一方。だが、議論の交通整理は十分ではない。「同僚が取材先でセクハラ被害に遭ったら」「被災地に殺到する取材陣を追い返すべきか」「被害者が匿名報道を望むとき」「取材謝礼を要求されたら」など、現実の取材現場で関係者を悩ませた難問を具体的なケースに沿って丁寧に検討する。
 
【ページ見本】 クリックすると拡大します。


【本書のトリセツ】
ステップ1、実際の事例をもとにした[思考実験]を読んで「自分ならどう?」と問いかける。
ステップ2、次のページを開いて[異論対論]で論点ごとに考える。対立する意見も深めてみると……?
ステップ3、事実は小説より奇なり。[実際の事例と考察]で過去の事例を振り返りつつ、支えとなる理論を探そう。
 
【目次】
ねらいと使い方 ジャーナリズム倫理を絶えず問いなおす
第1章 人命と報道
 CASE:001 最高の写真か、最低の撮影者か
 CASE:002 人質解放のために警察に協力すべきか
 CASE:003 原発事故が起きたら記者を退避させるべきか
 CASE:004 家族が戦場ジャーナリストになると言い出したら
第2章 報道による被害
 CASE:005 被災地に殺到する取材陣を追い返すべきか
 CASE:006 被害者が匿名報道を望むとき
 CASE:007 加害者家族を「世間」から守れるか
 CASE:008 企業倒産をどのタイミングで書く
第3章 取材相手との約束
 CASE:009 オフレコ取材で重大な事実が発覚したら
 CASE:010 記事の事前チェックを求められたら
 CASE:011 記者会見が有料化されたら
 CASE:012 取材謝礼を要求されたら
第4章 ルールブックの限界と課題
 CASE:013 ジャーナリストに社会運動ができるか
 CASE:014 NPOに紙面作りを任せてもいいか
 CASE:015 ネットの記事を削除してほしいと言われたら
 CASE:016 正社員の記者やディレクターに表現の自由はあるか
第5章 取材者の立場と属性
 CASE:017 同僚記者が取材先でセクハラ被害に遭ったら
 CASE:018 犯人が正当な主張を繰り広げたら
 CASE:019 宗主国の記者は植民地で取材できるか
 CASE:020 AIの指示に従って取材する是非
あとがき ジャーナリストの理想へ向けて
 
■思考の道具箱■
傍観報道/番犬ジャーナリズム/共通善/危険地取材/臨時災害放送局/CPJ/自己責任/メディアスクラム/合理的な愚か者/サツ回り/犯罪被害者支援/熟議/被疑者と容疑者/世間/特ダネ/倒産法/コンプライアンス/知る権利/取材源の秘匿/2種類の記者クラブ/地位付与の機能/ゲラ/報道の定義とは?/小切手ジャーナリズム/記者会見/「ギャラ」/キャンペーン報道/アドボカシー/黄金律/NPO(非営利組織)/地域紙と地方紙/アクセス権と自己情報コントロール権/良心条項/記者座談会/ゲリラとテロリズム/ポストコロニアリズム/倫理規定/ロボット倫理/発生もの
 
連載はこちら》》》バックナンバー一覧