管啓次郎

管啓次郎

すが・けいじろう  詩人。明治大学理工学部教授(批評理論)、大学院プログラム「場所、芸術、意識」担当。主な著書に『コロンブスの犬』『狼が連れだって走る月』(いずれも河出文庫)、『本は読めないものだから心配するな』『ストレンジオグラフィ』(いずれも左右社)、『斜線の旅』(インスクリプト、読売文学賞)ほか。詩集に「Agend’Ars」4部作および『数と夕方』『狂狗集』(いずれも左右社)、『犬探し/ 犬のパピルス』(Tombac) 、Transit Blues (University of Canberra) など。これまでに10数カ国の詩祭や大学で招待朗読を行なってきた。2013 ~ 14年、文芸誌「すばる」(集英社)に旅先の写真と文章からなる「旅ときりぎりす」を連載。

202 posts

コヨーテ歩き撮り#180

連載・読み物 6月 19日. 2023

チリ、サンティアゴのタクシー運転手。同世代のよしみで記念撮影。黄色いベストは正式なタクシーの証拠。

A friendly cab driver in Santiago, Chile. We belong to the same generation, don’t we? His yellow vest proves he is officially licensed.

もっと読む

コヨーテ歩き撮り#179

連載・読み物 6月 05日. 2023

あ、コンコルドだ! シャルル・ド・ゴール空港の滑走路脇に引退して。眠っているのかな。また飛びたい?

Hey, you, Concord! Retired by the runway of the CDG airport. Are you asleep, pal? Do you want to fly again?

もっと読む

コヨーテ歩き撮り#178

連載・読み物 5月 22日. 2023

津奈木町の姿に典型的な里を見る。つなぎ美術館横の断崖の上から。

A wonderful view of a typically Japanese village of Tsunagi just north of Minamata. Seen from above the cliff by the lovely art museum.

もっと読む