Posts in category

治らない病気を抱えながら、なお社会で人として生きるとは、いかなることであるのか

大野更紗
 
様々な病気を抱えたまま病院の外で生きる人にとって、「患者」としてではなく、社会で人として生きるとはいかなることであり、そのためには何が必要なのか。
自身の難病発症と退院までの経緯を綴った『困ってる人』で大反響をよび、現在大学院で「難病の誕生」をテーマに格闘中の著者によるエンタメ研究日誌・エッセイ!

0 0
「名もなき家事」の、その先へ――“気づき・思案し・調整する”労働のジェンダー不均衡 1月 16日, 2018 「名もなき家事」の、その先へ

「名もなき家事」の、その先へ――“気づき・思案し・調整する”労働のジェンダー不均衡
vol.02 女性に求められてきたマネジメント責任/山根純佳

「名前のない家事」などのハッシュタグで注目されたジェンダー不均衡を可視化すべく、平山亮氏と山根純佳氏が6つの同じテーマを月替わりで交互に書き下ろす連載第2回目は、山根純佳氏のご登場です。[編集部]

続きを読む