憲法学の散歩道 連載・読み物

憲法学の散歩道
第7回 自然法と呼ばれるものについて

 
 
 A. P. ダントレーヴ*1は1902年、ヘクトール・パセリン・ダントレーヴ伯爵の四男として、スイス、フランスとの国境に近いピエモンテ州のアオスタに生まれた。トリノ大学で法学を修めた後、ロックフェラー財団の支援を得てオクスフォードのベルリオール・コレッジで学んだ。彼がオクスフォードで研究対象としたのは、神学者リチャード・フッカーである。1929年、イタリアに帰ったダントレーヴはトリノ大学の講師となり、メッシーナ、パヴィアでの教歴を経て、1938年にはトリノ大学教授となる。しかし、彼は教職を退き、故郷に帰ってレジスタンス運動に身を投じた。解放後の短期間、彼はアオスタの市長を務めている。
 
 1946年にオクスフォードから、モードリン・コレッジのフェローとして招かれた彼は、1948年にはシカゴ大学から自然法に関する連続講義を依頼される。連続講義は3年後、『自然法 Natural Law*2として刊行された。
 
 自然法というからには、神の創造した、人が理性によって感知し得る、事物の本性(nature)に即した、永遠に変わらぬ、違背することのかなわぬ、普遍の法が意味されている──ような気がする。古代ギリシャから──少なくともヘレニズム期のストア学派から──『ローマ法大全』やトマス・アクィナスを経て、ヴィトリア*3、グロティウス*4、ロック、ルソーを経由し、アメリカ独立革命およびフランス革命を支えた永久不変の自然法というイメージが、自分は信じるか否かは別として、すこぶる頭の固い誰かが必ず信じているに違いないものとして、想定されているのではないだろうか。
 
 ダントレーヴは警告を発する。

異なる著者が同一の表現を用いているというだけでは、相互のつながりがあることの証明にはならない。(中略)同じ表現が形式上継続していることは、決定的な要素ではない。同一の観念にきわめて異なる意味があてられ、全く異なる目的に仕えていることもあり得る。

 近代の自然法論者たちは、中世のスコラ学者や教会法学者の思想を曖昧模糊としたものとして排撃し、彼らこそが失われた純粋な自然法を回復したと主張した。

表現ぶりを除けば、中世と近代の自然法の観念の間に共通点はほとんどない(15)。

 とはいえ、相違を強調しすぎるのも問題である。ダントレーヴは、オクスフォードで指導を受けたA. J. カーライルから、政治理論で本当に新しいことは稀だと教えられたことを伝える。古いスローガンが繰り返し叫ばれる。新しさは、しばしば、強調点の違いにある。民主政、社会契約、自然法、これらの観念を古代ギリシャに遡ることはできる。
 
 しかし、アリストテレスの民主政の観念とジェファーソンのそれ、ソフィストたちの社会契約の観念とルソーのそれとは相当に違う。強調される点が変化している(58)。
 
 論者ごと、時代ごとに異なる自然法の観念を列挙し、整理し、相互の関連を明らかにする哲学的アプローチにも意味はあるが、それで十分とは言えない。何より、観念の区分や整理の仕方は立場や視点によってさまざまであってきりがない。多様な区分や整理がもたらす混乱は、自然法に対するヒューム流の懐疑論に手を貸すことになりかねない(17-18)。
 

 ダントレーヴは、歴史と哲学を融合することを提案する。自然法がどのような内容の理論であるかよりもむしろ、その時代、その環境でどのような役割を果たしてきたか、どのような問題点を解決しようとしてきたか、それに着目する必要がある。自然法の実際の意義は、理論そのものよりも、その果たした役割に求められるべきである(35)。そうした作業を経ると、法哲学、政治哲学と言われるものが、実は「大文字で書かれた自然法」であることが分かる、とダントレーヴは言う(19)。
 ↓ ↓ ↓
 
つづきは、単行本『神と自然と憲法と』でごらんください。

 
憲法学の本道を外れ、気の向くまま杣道へ。そして周縁からこそ見える憲法学の領域という根本問題へ。新しい知的景色へ誘う挑発の書。
 
2021年11月15日発売
長谷部恭男 著 『神と自然と憲法と』

 
四六判上製・288頁 本体価格3000円(税込3300円)
ISBN:978-4-326-45126-5 →[書誌情報]
【内容紹介】 勁草書房編集部ウェブサイトでの連載エッセイ「憲法学の散歩道」20回分に書下ろし2篇を加えたもの。思考の根を深く広く伸ばすために、憲法学の思想的淵源を遡るだけでなく、その根本にある「神あるいは人民」は実在するのか、それとも説明の道具として措定されているだけなのかといった憲法学の領域に関わる本質的な問いへ誘う。


【目次】
第Ⅰ部 現実感覚から「どちらでもよいこと」へ
1 現実感覚
2 戦わない立憲主義
3 通信の秘密
4 ルソー『社会契約論』における伝統的諸要素について
5 宗教上の教義に関する紛争と占有の訴え
6 二重効果理論の末裔
7 自然法と呼ばれるものについて
8 「どちらでもよいこと」に関するトマジウスの闘争

第Ⅱ部 退去する神
9 神の存在の証明と措定
10 スピノザから逃れて――ライプニッツから何を学ぶか
11 スピノザと信仰――なぜ信教の自由を保障するのか
12 レオ・シュトラウスの歴史主義批判
13 アレクサンドル・コジェーヴ――承認を目指す闘争の終着点
14 シュトラウスの見たハイデガー
15 plenitudo potestatis について
16 消極的共有と私的所有の間

第Ⅲ部 多元的世界を生きる
17 『ペスト』について
18 若きジョン・メイナード・ケインズの闘争
19 ジェレミー・ベンサムの「高利」擁護論
20 共和国の諸法律により承認された基本原理
21 価値多元論の行方
22 『法の概念』が生まれるまで
あとがき
索引
 
連載はこちら》》》憲法学の散歩道

長谷部恭男

About The Author

はせべ・やすお  早稲田大学法学学術院教授。1956年、広島生まれ。東京大学法学部卒業、東京大学教授等を経て、2014年より現職。専門は憲法学。主な著作に『権力への懐疑』(日本評論社、1991年)、『憲法学のフロンティア 岩波人文書セレクション』(岩波書店、2013年)、『憲法と平和を問いなおす』(ちくま新書、2004年)、『Interactive 憲法』(有斐閣、2006年)、『比較不能な価値の迷路 増補新装版』(東京大学出版会、2018年)、『憲法 第7版』(新世社、2018年)、『法とは何か 増補新版』(河出書房新社、2015年)、『憲法学の虫眼鏡』(羽鳥書店、2019年)ほか、共著編著多数。