憲法学の散歩道 連載・読み物

憲法学の散歩道
第17回 アレクサンドル・コジェーヴ──承認を目指す闘争の終着点

 
 
 1932年にパリで出会って以降、レオ・シュトラウスとアレクサンドル・コジェーヴは、生涯にわたって対話を続けた*1
 
 アレクサンドル・コジェーヴは、1902年5月11日、モスクワの裕福なブルジョワの家庭に生まれた。彼は1920年、革命の勃発したロシアを逃れ、カール・ヤスパースの下で博士論文を執筆する。
 
 1926年末、彼はパリに移って研究を続け、1933年から39年まで、高等研究院でヘーゲルの『精神現象学』に関する講義を行った。この講義には、レイモン・アロン、ジョルジュ・バタイユ、アンドレ・ブルトン、モーリス・メルロー・ポンティ、ジャック・ラカン等が出席した*2。講義の内容は、後にレイモン・クノーによって『ヘーゲル読解入門』としてまとめられ、出版されている*3。彼のヘーゲル解釈は、『精神現象学』の中から「承認」の観念を取り上げ、その意義を強調したことで知られる。
 
 第二次大戦の勃発後、彼はマルセイユに隠れ住み、レジスタンス運動とソヴィエトへの情報供与に関与したとされる。コジェーヴはその後、フランス政府の対外経済局に職を得てマーシャル・プランの遂行、ヨーロッパ経済共同体(現在のEU)やGATT(現在のWTOの前身)の立ち上げに関与した。彼が逝去したのは、1968年である。
 

 
 『ヘーゲル読解入門』の冒頭で、コジェーヴは、「人間とは自意識(Conscience de soi)である」と述べる(11)。自意識である点で、人間は動物と異なる。
 
 人間は最初から自意識ではない。人間はまず対象を省察し、それに没頭し、飲み込まれる。自身を取り戻すのは、欲求(Désir)によってである。たとえば、食べる欲求。欲求を通じて、人間の自己が立ち現れる。
 
 人間存在そのもの、自身を意識する存在は、欲求を前提とする。人間の現実(réalité humaine)も、動物的生の生物学的現実の中でしか成り立ち得ない。しかし、動物としての欲求は、自意識の必要条件ではあるが、十分条件ではない。それだけでは、自己感覚しか生み出さない(11)。
 
 欲求は人間を不安(in-quiet)にし、人間を行動へと駆り立てる。欲求は、欲求の対象を「否定négation」するよう、破壊するか少なくとも変容させるよう仕向ける。飢えを満たすためには、食べものとなるものを破壊するか、変容させねばならない(11)。
 
 かくして行動は否定的である。しかし、純粋に否定的ではない。それは新たに主観的現実(réalité subjective)を作り出す。人間は食べ物を食べることで、それを同化し、内部化し、自身の現実を作り出す。ただ、こうした行動にとどまっている限り、自己は「自然の自己Moi naturel」、自己感覚にすぎない。それはなお、自意識ではない(12)。
 
 人間特有の欲求、自然ではない対象への欲求とは何か。それは、欲求自体への欲求である。自己の満たされざる空虚のあらわれである欲求、現実化の不在としての欲求は、欲求の対象とは異なり、永遠に自己のアイデンティティであり続ける。欲求に対する欲求は、動物的自己と本質的に異なる自己を作り出す。この自己は、「否定する否定性négativité-négatrice」であり、その普遍的形態は空間ではなく、時間の中にある。それは、静態的でそのままの自己にとどまるものではなく、自己ではないものになるものとなる。この自己は、自身の製作物である。自己であったものの否定であり、自己となるものを実現する自己である(12-13)。
 
 この自己は、意図された、望まれた変化であり、意識された意思にもとづく前進である。この自己は、自由で歴史的な個人である。そしてこの自己こそが、自意識として自己にも他者にも立ち現れる自己である(13)。
 
 人間としての欲求は、他の欲求にかかわるものでなければならない。人間としての欲求であるためには、欲求が複数あることが必要である。自己感覚から自意識が生まれるためには、人間としての現実が動物としての現実の内部に生まれるためには、この現実が複数あることが必須である。人間はしたがって、人間の集団の中にしかあらわれない。このため、人間の現実は、社会的でしかあり得ない。欲求が複数あるだけでは社会的となるために十分ではない。そのためには、各人の欲求が他者の欲求にかかわっていなければならない。人間の現実が社会的現実であるためには、欲求の総体が欲求として相互に欲求されている必要がある(13)。
 
 人間の欲求であるためには、客観的対象への欲求ではなく、他の欲求への欲求でなければならない。男と女の関係であれば、単に相手の肉体への欲求ではなく、相手に欲求される欲求でなければならない。つまり、人間としての価値を承認されること、個人としてのその現実性において承認されることへの欲求である(13)。
 
 自然の事物への欲求は、それが同一の事物に対する他者の欲求によって媒介されない限り、人間としての欲求とはならない。他者が欲求するものを欲求することは、人間的である。生物学的には何の意味もないものであっても、他者の欲求の対象であれば、それを欲求することは意味をなす。こうした欲求は人間的欲求でしかあり得ない。人間の歴史は、欲求された欲求の歴史である(13)。
 
 人間が真に人間的であるためには、彼が本質的に動物と異なるものであるためには、人間の欲求は、彼の動物としての欲求に打ち克つ必要がある。すべての欲求は、価値の欲求である。動物にとっての最高の価値は、動物としての生、つまり自己の保存である。人間としての欲求は、この自己保存の価値に打ち克つ必要がある。自身の生を危機にさらすことなしには、人間は人間ではあり得ない。自意識の起源について語ることは、必然的に生の危機について語ることである(14)。
 
 人間は、人間としての欲求、つまり他の欲求にかかわる欲求を満足させるために、その生を危機にさらすことなくしては、人間となることはない。欲求を欲求するとは、欲求の対象となる価値を自身の欲求によって置き換えようとすることである。この置き換えなしには、欲求の対象を欲求しているだけで、欲求を欲求していることにはならない。他者の欲求を欲求するとは、他者の欲求の対象を自身あるいは自身のあらわす価値へと置き換えることである。自身にとっての価値が他者の欲求する価値となることを私は欲求する。私は、他者が私を独自の価値として承認することを欲求する。つまり、人間としての価値のすべては、「承認reconnaissance」への欲求である(14)。
 
 人間としての現実を実現するために生を危機にさらすことは、こうした欲求にかかわる危機に立ち向かうことである。自意識の起源について語ることは、必然的に、承認をめぐる生死をかけた闘争について語ることである。承認をめぐる生死をかけた闘争を通じてのみ、人間としての現実が立ち現れ、現実化する(14)。
 
 しかし、2人の闘争の結果2人がともに死んでも、また2人のうち1人が死んでも、人間としての現実は実現しない。そこに承認はもはやない。人間としての現実が立ち現れるには、闘争後に対立した2人の双方が生き残る必要がある。一方が自身の承認を求めて自身の生を危機にさらすことを拒否し、他者の欲求を満足させるとき、人間としての現実が立ち現れる。みずからが承認されることなく、他者を承認するとき、承認された他者は主人(Maître)となり、自身は奴隷(Esclave)となる(15)。
 
 言い換えるならば、そもそも人間は純粋な人間として立ち現れはしない。つねに、必然的に、本質的に、人間は主人か奴隷として立ち現れる。人間の現実、人間の社会は、自律的な主人と従属的な奴隷によって構成される。自意識について語ることは、必然的に、自意識の自律性と従属性について語ること、主人と奴隷の意識について語ることである(15)。
 
 はじめて他者と遭遇した最初の人間(premier homme)は、すでに自身に自律的で絶対的な価値を与えている。彼には、人間としての主観的確信がある。しかし、この確信はまだ客観的な知ではない。彼が自身に帰している価値は幻想かも知れない。真実であるためには、それは客観的となる必要がある。人間が現実に、真に人間であり、そうであると知るためには、彼がそうだとする観念を彼以外の人間に押しつける必要がある。彼は他者から承認される必要がある。別の言い方をするならば、彼は自身がなお承認されていない世界を承認される世界へと変換する必要がある。人間としての企てに敵対的な世界を人間としての企てと調和する世界へ変換すること、それが行動(action)と呼ばれる。行動は、自分自身に関する観念を、遭遇した最初の人間に押しつけるときに始まる。それは、相手による承認を勝ち取ろうとする生死をかけた闘争である(18)。
 
 真実とは、現実の立ち現れである。人間としての現実は、承認を目指す生死をかけた闘争を通じてのみ立ち現れる。生死をかけた闘争を通じてのみ、自意識とは自己のための純粋存在にほかならないという事実が明らかとなる。人間が人間であり得るのは、自分自身を他者に押しつけようとする限りにおいてのみである(19)。
 

 
 他方、自身の生物学的生を大切にするあまり、主人の価値を自身の価値として受け入れた奴隷も、奴隷であることを欲求してはいない。彼は変化を欲する。与えられた状況を否定しようとする。彼は自由になろうとする。主人のための労働が、この変化をもたらす。主人は奴隷に労働を強いるが、奴隷は労働を通じて自然の主人となる。そもそも彼が奴隷となったのは、自然(としての生物学的生)の法則に従ったからであった。労働を通じて自然の主人となることで、彼は自身の奴隷性から自由となる。それは彼を主人からも自由とする。労働することのない戦士たる主人は、所与の世界に結びつけられたまま変化することはない。彼は行き詰まる。未来と歴史は、戦士たる主人ではなく、労働を通じて世界を変革する奴隷のものである(28)。
 
 主人は自身の生きる世界から自身を解放することができない。彼は世界を変革することがない。世界が滅ぶとき、彼も共に滅ぶ。主人は死によってのみ、この世界から解放される。奴隷のみが所与の世界を超克し、生きのびることができる。労働自体が彼を自由とするわけではない。しかし労働を通じて世界を変革するとき、奴隷は彼自身をも変革する。新たな客観的条件を作り出し、彼が当初拒否した生死をかけた闘争を再び開始することを可能とする。長い目で見るならば、奴隷的労働は主人の意思を実現するのではなく、奴隷の意思を実現する。従属的な自意識が、最後は自律的な自意識の理念を実現する(34)。
 

 
 主人は真の人間ではない。それは真の人間への一階梯にすぎない。主人は承認によって満足することはない。彼を承認するのは彼に従属する奴隷だけだ。歴史的人間、真の人間となるのは、奴隷である──最終的には。哲学者、ヘーゲルは、なぜ、そしていかにして相互の承認が確定的な満足をもたらすかを理解することになる(54)。
 
 哲学および哲学者という概念は、正確に理解する必要がある。哲学とは単なる知への愛ではなく、賢者になろうとすることを意味する。哲学者とは、叡智を獲得した者、賢者(sophos)である(271)。
 
 哲学者が見通すのは、相互承認がなされる世界、奴隷の労働による世界の変革が最終段階に達し、すべての人間が平等となり、相互を承認する世界である。
 
 それを実現するには、革命と恐怖政治が求められる*4。革命は所与の世界の破壊である。しかし、特殊意思を(死によって)取り除き、真の自由を実現する恐怖政治を通じてはじめて、奴隷的服従は終わる。それは承認を求める奴隷の血みどろの闘争である。主人と奴隷の関係も、したがって、奴隷である現状を正当化するイデオロギーであるキリスト教も終わる。もはや国家は特定党派の国家ではない。人間は真の意味で理性的となり、自由が真の意味で可能となる国家を実現しようとする。この時点以降は、人間はこの世で、国家──平等な市民によって構成される普遍的で同質的な国家──の中で満足を求める(143-144)。
 

 
 コジェーヴは奴隷と哲学者(賢者)とを同一視しているとジェフ・ラヴは言う*5。コジェーヴは『精神現象学』を賢者(ヘーゲル)の自伝とみなしているというのが、ラヴの理解である*6
 
 人間は自意識そのものであり、その自意識は承認を目指す人間同士の闘争から始まるが、真の承認は平等者間の相互承認を通じてしか実現され得ず、それに到達するには、奴隷の労働による世界の根本的変革が求められる。レオ・シュトラウスが言う*7、歴史を通じて変革されることのない永遠不変の秩序はない。
 
 その変革の最終段階で人間が到達するのは、平等な市民によって構成される普遍的かつ同質的な国家であり、そこにおいて完璧な自己覚醒に到達するのが賢者である。レオ・シュトラウスの描く、大衆からの攻撃を回避しつつ、得られるはずのない知を密かに求め続ける哲学者と異なり、コジェーヴの描く哲学者は、公共的な存在である*8。公共空間でこそ哲学者は真の知を獲得することができる。フランス革命の生み出す歴史の最終段階においては、すべての市民が賢者となる*9
 
 コジェーヴは、叡智を獲得した哲学者と神との相同性を指摘する。キリスト教の信奉する神は実は神ではなく、真の絶対的知を得た人間である。ヘーゲルが指摘したのは、人格神論が神の人間への同一化によって超克されたこと、神学が人間学へと変革されたことである*10。歴史の最終段階においては、すべての市民は神でもある。キリスト教が終わるとは、そういうことである。ニーチェの末人論は完璧に転倒される。

キリスト教神学の教本を読めば(キリスト教でなければいけない)、神とは実は完全にして無限の存在であることが分かるし、読み終えたあとで、「ここで問題となっている存在とは、私のことだ」と言えば、それで十分である。単純この上ない。しかし、今日においてもなお、それはわれわれにとって不条理に思えるし、とてつもなく並外れた不条理のように思える。そんなことを言う人間は狂人と呼ばれるだろう。つまり、この結論を肯定することはきわめて困難だ(本当に)。ヘーゲルがこの結論をあえて口に出すには、何千年もの哲学の歴史が必要だった。つまるところ、キリスト教の神の概念を理解することが、まず困難だったということだ。さらにその理解に至ったとしても、自分自身をこの概念と同一視し、自身にあてはめることは、簡単なことではなかった。ヘーゲルは、それができるのは、普遍的にして同質的な国家の市民だけだとわれわれに教えてくれている。市民とは、個別性から出発し特殊性を経て普遍性へと至る円環運動によって存在すべての三位一体を実現した人間のことだ。そうした市民であってはじめて、狂気に陥ることなく、神との同一性を肯定すること、賢者としてそれを肯定すること、絶対的真実であると宣言しつつ、その現実性を明らかにすることができる(319)。

肯定することは、たしかに簡単ではない。とりわけ、普遍的にして同質的な国家は、現代の日本においてすでに実現していると言われたのでは(436)*11。人間の労働による自然の変革が、ポジティヴな価値のみを生み出すというマルクス由来の能天気きわまる前提は別としても。
 
 

*1 1932年から65年までの両者間の書簡が、Leo Strauss, On Tyranny (Victor Gourevitch and Michael S. Roth eds, University of Chicago Press 2000) に収められている。
*2 レイモン・アロンは、コジェーヴの講義について、「非の打ちどころのないフランス語で、それにスラヴなまりがオリジナリティと魅力を加えていた」と述べる(Raymond Aron, Memoires (Robert Laffont 2003) 94)。ジョン・リチャードソンは、コジェーヴの講義はヘーゲルの実存主義的解釈であり、それを通じてハイデガー哲学がフランス思想界に流入したとする(John Richardson, Heidegger (Routledge 2012) 365)。
*3 Alexandre Kojève, Introduction à la lecture de Hegel (2nd edn, Raymond Queneau ed, Gallimard 1968). 本文中の丸括弧内の数字は、同書の頁数を示す。
*4 明らかに、フランス革命が示唆されている。
*5 Jeff Love, The Black Circle: A Life of Alexandre Kojève (Columbia University Press 2018) 132.
*6 Ibidem, 140. コジェーヴは、「ヘーゲルは、「私とは何か」という問いに答えるために『精神現象学』を書いた。こうした問題を提起する人間は、定義上、哲学者である」と言う(Kojève (n 3) 286)。
*7 本連載第16回注17に対応する本文参照。
*8 コジェーヴは、レオ・シュトラウスの『僭主制について』へのコメントにおいて、次のように述べる。「「孤立した」思想家の提示する主観的な「証拠」は、真理の規準とはなり得ない。主観的に「明瞭な」前提からの正しい推論が、いくら「体系的」であり「論理的」であったとしても、それは狂気である」(Alexandre Kojève, ‘Tyranny and Wisdom’, in Strauss (n 1) 153)。コジェーヴにとって、知の客観性は社会的現実の中においてのみ立ち現れる。
*9 Cf. Love (n 5) 141.
*10 Ibidem, 147.
*11 拙著『憲法学の虫眼鏡』(羽鳥書店、2019)216-217頁参照。すでに歴史が終焉している日本では、新しいことは何事も起こらず、人々は日々、既存のパターンに沿った意味のくり抜かれた儀礼をただ繰り返している。世界が変革されることはもはやなく、行動も思索もない。あるのはただ儀礼と瞑想である。一周回って振り出しに戻っている。ラヴは、こうした歴史終焉後の人間像と、ハイデガーが『存在と時間』で描く、自身の生のあり方を忘却し、ただ世間に合わせて生きるDaseinとの共通性を指摘する(Love (n 5) 208)。
 
 
》》》バックナンバー
第1回 現実感覚
第2回 戦わない立憲主義
第3回 通信の秘密
第4回 ルソー『社会契約論』における伝統的諸要素について
第5回 宗教上の教義に関する紛争と占有の訴え
第6回 二重効果理論の末裔
第7回 自然法と呼ばれるものについて
第8回 『ペスト』について
第9回 「どちらでもよいこと」に関するトマジウスの闘争
第10回 若きジョン・メイナード・ケインズの闘争

長谷部恭男

About The Author

はせべ・やすお  早稲田大学法学学術院教授。1956年、広島生まれ。東京大学法学部卒業、東京大学教授等を経て、2014年より現職。専門は憲法学。主な著作に『権力への懐疑』(日本評論社、1991年)、『憲法学のフロンティア 岩波人文書セレクション』(岩波書店、2013年)、『憲法と平和を問いなおす』(ちくま新書、2004年)、『Interactive 憲法』(有斐閣、2006年)、『比較不能な価値の迷路 増補新装版』(東京大学出版会、2018年)、『憲法 第7版』(新世社、2018年)、『法とは何か 増補新版』(河出書房新社、2015年)、『憲法学の虫眼鏡』(羽鳥書店、2019年)ほか、共著編著多数。