管啓次郎

管啓次郎

すが・けいじろう  詩人。明治大学理工学部教授(批評理論)、大学院プログラム「場所、芸術、意識」担当。主な著書に『コロンブスの犬』『狼が連れだって走る月』(いずれも河出文庫)、『本は読めないものだから心配するな』『ストレンジオグラフィ』(いずれも左右社)、『斜線の旅』(インスクリプト、読売文学賞)ほか。詩集に「Agend’Ars」4部作および『数と夕方』『狂狗集』(いずれも左右社)、『犬探し/ 犬のパピルス』(Tombac) 、Transit Blues (University of Canberra) など。これまでに10数カ国の詩祭や大学で招待朗読を行なってきた。2013 ~ 14年、文芸誌「すばる」(集英社)に旅先の写真と文章からなる「旅ときりぎりす」を連載。

118 posts

コヨーテ歩き撮り#108

連載・読み物 6月 22日. 2020

アメリカ西部だとジャッカロープという合成動物がいますが、フィンランドのイングリッシュ・エールはごらんのとおり。

You may recall that in the American West there is the jackalope. In Finland, English ale is represented by this hybrid animal.

もっと読む

コヨーテ歩き撮り#105

連載・読み物 5月 11日. 2020

フィンランド、森と湖の地帯にある町ラハティのギャラリーで、小島ケイタニーラブの生演奏。「東京のかもめ」!

At a gallery in Lahti, a beautiful town among the woods and lakes, my friend Keitaney gave his little solo concert. Seagulls are called “lokki” in Finish. The audience immensely loved one of Keitaney’s songs called “Tokion Lokki”!

もっと読む