ジャーナリズムの道徳的ジレンマ

ジャーナリズムの道徳的ジレンマ
〈CASE 02〉人質解放のため報道腕章を警察に貸すべきか

5月 10日, 2016 畑仲哲雄

 
一刀両断には結論を出せない報道の現場で直面する難問を、実際にあった事例をもとに問い直していく連載の2回目です。前回に続き、人命が危険にさらされる場面で起こった問題にどう向きあうのか、従来的な視点から一歩踏み出して考えます。[編集部]
 
 
 記者だからこそのジレンマに直面したとき、なにを考え、なにを優先するのか? あなたが記者ならどうするだろう――。
 

1:: 思考実験

駅前のロータリーに到着すると、警察の大型輸送車が2台、幼稚園の通園バスを挟むように停まっていた。周りには10台以上のパトカー。野次馬をかきわけて、「KEEP OUT 立入禁止」と書かれた黄色いテープの前まで進み出た。すぐ内側に、新聞社や放送局の腕章をつけた20人ほどの一団が見えた。「ウチも入れてください!」そう叫び、報道腕章を高く掲げて、規制線の内側へ強引に入っていった。
 わたしは日刊紙の記者だ。ただ、全国紙ではない。全県に配達される大きな地方紙でもない。この町だけをカバーする小さな地域紙。社是が「地元を元気に」だけあって、まちづくりや伝統行事の話題は大きく報じるが、事件はあまり扱わない。被害者も加害者も取材者もみな同じ町の住人だし、心の傷口を広げるような記事を載せるのは、社是に背く。
 でも、きょうは事情が違う。短銃を手にした男が幼稚園児の送迎バスに立てこもったのだ。東京から大手新聞社や雑誌社の取材陣が大挙してきた。立ちレポを始める放送記者。上空を舞う報道ヘリ。まるで映画のようだ。全国の視線が、いま、わが町に注がれている。地域紙も無視することはできない。
 事件を指揮する刑事課長が、報道陣を集めて概要を説明してくれた。バスの中には園児が3人。怪我はしていない。捜査員は園児を解放するよう説得している。男は「記者をつれてこい」とわめくばかりで、ここ1時間ほど膠着状態が続いている。そこまで言うと刑事課長が突然、報道陣に向かって頭を下げた。「どちらの会社の方でもかまいませんが、腕章を貸してくださいませんか」。ベテランの捜査員が記者に扮して1人でバスに乗り込み、人質を解放するよう男を説得したいという。「子どもの命がかかっています」大手メディアの記者たちは、にべもなく断った。わたしはふと、左腕に巻いた自社の報道腕章に目をやった。

    [A]この腕章は取材や報道をしていることを示す証だ。部外者に貸すなどもってのほか。医者が白衣を貸さないのと同じ。例外を作るな。腕章を貸せばわたしは記者失格だ。
    [B]最優先すべきは子どもの命のはず。銃口を突きつけられているのは、地域の子ども……。近所の子かもしれない。知り合いや親戚縁者の子だったらどうする。叱責や非難は甘んじて受けよう。さあ、腕章を差し出すんだ。

 ふと顔を上げると、刑事課長と目が合った。「一刻を争うんです」わたしは腕章に手をやった。さあ、どうする。

2:: 異論対論

抜き差しならないジレンマの構造をあぶり出し、問題をより深く考えるために、対立する考え方を正面からぶつけあってみる。
 
[腕章を貸さない立場] ジャーナリストの仕事は世のできごとをありのまま公平・中立、客観的に報道することだ。特定の勢力に利用されてはならない。戦時中のジャーナリストが軍政に協力した歴史を振り返れば、警察に腕章を貸す行為がどういうことか理解できるだろう。表現の自由や言論の独立を守るために、貸してはならない。警察は公権力だ。警察の捜査が適正かどうかをチェックすることに集中せよ。
 

[腕章を貸す立場] ジャーナリズムの目的は市民社会に奉仕することで、報道はその手段にすぎない。ジャーナリストが客観的な観察者で公平無私な報告者だというのは一種の理想的なモデル。現実のジャーナリストは神様でも透明人間でもない。取材者は現場のプレーヤー。大手メディアの記者たちも、腕章を貸さない「行為」をしているといえる。その「行為」は現実に影響を及ぼす。もし、警察の要請を拒む記者たちの「行為」が可視化されたら、冷徹な傍観者と市民から非難されるだろう。理想と現実を混同してはならない。
 ↓ ↓ ↓
つづきは、単行本『ジャーナリズムの道徳的ジレンマ』でごらんください。

 
取材先でセクハラに遭ったら?
被害者が匿名報道を望んだら?
取材で“ギャラ”を求められたら?
被災地に記者が殺到してきたら?
原発事故で記者は逃げていい?
 etc.
 
正解はひとつではない。でも、今、どうする?
現場経験も豊富な著者が20のケースを取り上げ、報道倫理を実例にもとづいて具体的に考える、新しいケースブック! 避難訓練していなければ緊急時に避難できない。思考訓練していなければ、一瞬の判断を求められる取材現場で向きあうジレンマで思考停止してしまう。連載未収録のケースも追加し、2018年8月末刊行。


【ネット書店で見る】

 
 

畑仲哲雄 著 『ジャーナリズムの道徳的ジレンマ』
A5判並製・256頁 本体価格2300円(税込2484円)
ISBN:978-4-326-60307-7 →[書誌情報]
【内容紹介】 ニュース報道やメディアに対する批判や不満は高まる一方。だが、議論の交通整理は十分ではない。「同僚が取材先でセクハラ被害に遭ったら」「被災地に殺到する取材陣を追い返すべきか」「被害者が匿名報道を望むとき」「取材謝礼を要求されたら」など、現実の取材現場で関係者を悩ませた難問を具体的なケースに沿って丁寧に検討する。
 
【ページ見本】 クリックすると拡大します。


【本書のトリセツ】
ステップ1、実際の事例をもとにした[思考実験]を読んで「自分ならどう?」と問いかける。
ステップ2、次のページを開いて[異論対論]で論点ごとに考える。対立する意見も深めてみると……?
ステップ3、事実は小説より奇なり。[実際の事例と考察]で過去の事例を振り返りつつ、支えとなる理論を探そう。
 
【目次】
ねらいと使い方 ジャーナリズム倫理を絶えず問いなおす
第1章 人命と報道
 CASE:001 最高の写真か、最低の撮影者か
 CASE:002 人質解放のために警察に協力すべきか
 CASE:003 原発事故が起きたら記者を退避させるべきか
 CASE:004 家族が戦場ジャーナリストになると言い出したら
第2章 報道による被害
 CASE:005 被災地に殺到する取材陣を追い返すべきか
 CASE:006 被害者が匿名報道を望むとき
 CASE:007 加害者家族を「世間」から守れるか
 CASE:008 企業倒産をどのタイミングで書く
第3章 取材相手との約束
 CASE:009 オフレコ取材で重大な事実が発覚したら
 CASE:010 記事の事前チェックを求められたら
 CASE:011 記者会見が有料化されたら
 CASE:012 取材謝礼を要求されたら
第4章 ルールブックの限界と課題
 CASE:013 ジャーナリストに社会運動ができるか
 CASE:014 NPOに紙面作りを任せてもいいか
 CASE:015 ネットの記事を削除してほしいと言われたら
 CASE:016 正社員の記者やディレクターに表現の自由はあるか
第5章 取材者の立場と属性
 CASE:017 同僚記者が取材先でセクハラ被害に遭ったら
 CASE:018 犯人が正当な主張を繰り広げたら
 CASE:019 宗主国の記者は植民地で取材できるか
 CASE:020 AIの指示に従って取材する是非
あとがき ジャーナリストの理想へ向けて
 
■思考の道具箱■
傍観報道/番犬ジャーナリズム/共通善/危険地取材/臨時災害放送局/CPJ/自己責任/メディアスクラム/合理的な愚か者/サツ回り/犯罪被害者支援/熟議/被疑者と容疑者/世間/特ダネ/倒産法/コンプライアンス/知る権利/取材源の秘匿/2種類の記者クラブ/地位付与の機能/ゲラ/報道の定義とは?/小切手ジャーナリズム/記者会見/「ギャラ」/キャンペーン報道/アドボカシー/黄金律/NPO(非営利組織)/地域紙と地方紙/アクセス権と自己情報コントロール権/良心条項/記者座談会/ゲリラとテロリズム/ポストコロニアリズム/倫理規定/ロボット倫理/発生もの
 
連載はこちら》》》バックナンバー一覧