Posts in category

連載・読み物

0 0
連載・読み物 1月 28日, 2019 管啓次郎

コヨーテ歩き撮り#74

本格的エチオピア料理! それぞれの煮込み料理、ぜんぶ味がちがいます。テフという穀物から作る、インジェラという酸味のある発酵パン(パンではない)を適当な大きさにちぎって、手で巻いて食べます。巻いた手で食べさせてあげるのが、同席する人々への親愛のしるし。東京の一角で、エチオピア・ディアスポラの人々に教わりました。

もっと読む
0 0
連載・読み物 1月 21日, 2019 鈴木晃仁

医学史とはどんな学問か
第7章 啓蒙主義と新しい人間観の医学 1700-1800

18世紀は啓蒙主義の医学の時代である。16・17世紀の宗教と政治と医学理論の激動の時代が終わり、新しい医学と医療がヨーロッパの各地で発展した。「人間」を分析対象とし、技術発展と相まって医療に深くかかわる医学の原型が現れ始めた時代を描き出す。

もっと読む
0 0
連載・読み物 1月 15日, 2019 管啓次郎

コヨーテ歩き撮り#73

夢に牛が出てきました。それがいつのまにか本物じゃなくて、かわいいアニメみたいになってて。目覚めてから「どこかであんな牛の絵を見たな」としばし考えて思い出したのがこれ。ロスアンジェルスの人気エチオピア料理店の壁画です。働き者の牛たちは家族。

もっと読む
0 0
治らなくても大丈夫、といえる社会へ――認知症の社会学 12月 25日, 2018 木下衆

治らなくても大丈夫、といえる社会へ
vol.02 誰かを責めるのをやめませんか?――1960年代末、「嫁さんが悪い」と言われ続けた人

今回は「痴呆」という言葉さえ一般的ではない時代に義母を介護していた女性のお話を通じ、介護する人・される人と周囲の人との関係を考えます。50年前と現在で、何が変わり、何が変わらないのか――そんなお話が展開します。

もっと読む